農機具の不用品回収は依頼可能ですか?

先日、不用品回収の依頼時に、このようなお問い合わせをいただきました。

農家の方であれば、農機具を新型に買い替える場合や、手離す場合に、その処分にお困りではないでしょうか。

今回は、農家のお客様に向けて、農機具を処分する3つの方法について書きました。
どうぞお読みください。
※お客様のご依頼内容のレポートと一緒にご紹介します。

お客様のご依頼内容「農機具の不用品回収・片付け」

先日、福岡県北九州市門司区に作業員3名、車3台でお伺いしました。
作業は納屋の片付けになります。
農家の家で、古くなった農機具など処分に困る物ばかりでしたが、弊社ではこのような要望でも承っております。
市のゴミ収集など回収不可のものがあれば、お気軽にお問い合わせいただけたらと思います。

農機具を処分する上で下記の3つの方法があります。

これから具体的に紹介していきます。

1. 買取サービスに依頼する

買取業者の中には農機具の買取を実施している業者があります。

ここでの確認すべきポイントは、「無料出張査定が実施されているかどうか?」という点です。

各業者は、農機具に関して専門の知識を持つスタッフをそろえているため、トラクターやコンバインなど、様々な農機具を査定して、買取に力を入れている業者があります。

2. 下取りに出す

これは、新しく農機具を購入する場合に、これまで使用していた農機具を買い取ってもらうということです。

ここでのメリットは、農機具のメーカーなどに依頼すれば、すぐに査定から搬出まで手続きをしてくれる”手軽さ”にあります。

あまり手間をかけたくない場合は、こちらを選択するのが良いです。

3. 破棄する

破棄する場合は、自治体の粗大ゴミ回収に依頼することができないということを覚えておきましょう。
理由としては、自治体は家庭からでたゴミについては回収できますが、事業からでたゴミについては、廃棄物処理法によって自己処理が義務付けられています。

そのため、ご自身で破棄される場合、不用品回収業者に依頼するということが必要になってきます。

処分費用がかかりますが、各業者では見積もりを実施しているため、よく事前に相談しておくことをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

弊社アースプラザでは、不要になった農機具の回収・処分のご依頼も承っております。

どうぞ、お気軽にご相談ください。

お問い合わせの程お待ちしております。

>>アースプラザに問い合わせる