急な故障で不要となったエアコンの処分方法と注意するポイント

急な故障で不要となったエアコン。
壊れたエアコンの処分方法が分からず、悩んでいる方も多いのではないのではないでしょうか?
今回は急に壊れたエアコンの処分方法に困っている方に向けて、処分方法と注意するポイントをご紹介します。

※お客様のご依頼内容のレポートと一緒にご紹介します。

お客様のご依頼内容

先日、福岡県北九州市小倉北区の1Rマンションに作業員1名、車1台でお伺いしました。
ご依頼は、壊れてしまったエアコンの取り外しです。
この猛暑にエアコンが壊れ取り外し業者が見つからずとても困っていたそうです。
エアコンの取り外しから回収まで行い作業は1時間程で終わりました。
ありがとうございました。

急な故障で不要となったエアコンの処分方法と注意するポイント

エアコン含め、壊れた家電はリサイクルショップなどでは買取してもらえないため、「自治体で処分」するか、「回収業者へ依頼する」という方法があります。
壊れた家電の処分方法と注意するポイントについてご説明します。

①自治体処分は時間がかかる

粗大ゴミは回収日に回収指定場所まで運ぶ必要があるため、手間と時間がかります。
時間に余裕がある方は自治体回収でも構いませんが、急に壊れてしまったエアコンなど、急を要する方はほかの方法での処分をおすすめします。

②家電リサイクル法の対象品目は自治体で処分できない

家電リサイクル法の対象商品となる冷蔵庫(冷凍庫)・エアコン・テレビ・洗濯機(乾燥機)の4品目は貴重な資源が含まれているため、メーカーまたは小売業者による回収とリサイクルが義務づけられています。
自治体で「燃えないゴミ」などとして捨てると法律違反になるので注意が必要です。

③無許可の不用品回収業者に注意!

不用品や粗大ごみなど、廃棄物の処分に「無許可」の回収業者を利用しないでください。
アースプラザは「一般廃棄物収集運搬業許可業者」です。
家電は1点からでも回収し、エアコンの回収は「無料」です。

壊れた家電製品の回収はアースプラザにおまかせ!

いかがだったでしょうか?
今日は、急な故障で不要となったエアコンの処分方法と注意するポイントについてご紹介しました。
少しでもお役に立てれば幸いです!
アースプラザでは、単品の個別対応以外も大量の不用品も処分できますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

>>アースプラザに問い合わせる

年中無休・秘密厳守・無料見積・1点からでも対応