お家の売却前に!粗大ゴミ・不用品を回収して空き家にするのがおすすめの理由【北九州】

お家の売却を検討していれば、少しでも高い査定が出るとうれしいですよね。

物であふれているお家より、きれいさっぱりと片付いたお家のほうが査定もしやすいのではないでしょうか。

回は平屋一軒家の売却前の片付けについて書きました。

どうぞお読みください。

※お客様のご依頼内容のレポートと一緒にご紹介します。

お客様のご依頼内容(売却前の片付け)

先日、福岡県北九州市門司区に作業員4名、車4台でお伺いしました。
平屋一軒家、売却前の片付けになり、家と庭にある不用品の片付けになります。

ご依頼主のご夫婦、お孫さんご夫婦と一緒に立ち会いに来ていただけました。
庭と部屋が広い平屋だったので、一見不用品が少なく感じますが、トラックに積むと大量に不用品があり、お客様も驚かれていました。

無事作業も終了し、想像していたより早く終わったと喜んでいただけました。
今後もお客様の需要にお答えしていきます。

売却前に粗大ゴミ・不用品の回収をおすすめする理由

物があったままだと家の価値が落ちる

家は物があったままだと時間の経過とともに価値が落ちます。

その理由は...

などあります。

お家の売却をお考えであれば、不動産の価値を維持するためにも不用品を処分して空き家にしておく必要があります。

査定に家具は含まれない

家の査定の対象となるのはあくまで物件と土地のみです。

家具などの「動産」は査定の対象外です。

エアコンや金庫なども動産となりますので、エアコンを残したまま査定を行っても査定額が増えることはありません。

不用品を残したままでは売却できない

不用品を残したまま家を売却することはできません。

ゴミや不用品を残したままだと処分費用相当額が値引き対象となり、家の査定はマイナス評価されます。

エアコンやウォシュレットなどは買い主と協議の上、残したまま売却も可能です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

家の売却をお考えであれば、

などから不用品の処分は必須になります。

アースプラザでは一軒家丸ごとの不用品や粗大ゴミの回収が可能ですので、ご相談ください。

お問い合わせの程お待ちしております。

>>アースプラザに問い合わせる